月: 2022年7月

遅まきながら、新年度に入ってからタイトルにあるように、子どもたちの園での様子をご覧いただけるよう、動画の公開を保護者専用ページ内にて始めました。コロナ禍によって、すべての人たちの生活に何らかの制約が加えられる中、子どもたちが幼稚園ではどのように過ごしているのか、また、幼稚園がどのように保育・教育活動を行っているのかが格段に見えにくくなったことを受け、実際の様子の一端を保護者やご家族の皆さんに見てもらい、子どもたちへの共通理解を深め、その成長の後押しをご家族とともに進めていきたい、という願いも込めて動画の作成を行っています。動画自体は数分程度のものが多いですが、その分普段の様子がより垣間見られると思いますので、まだご覧になっていない方は是非見てみて下さい。合わせて可能であれば、なかなか園にお越し頂けない祖父母の方々にもパスワードを伝えて頂き、限定ではありますが、お孫さんの成長していく姿を少しでもご覧頂きたいと思います。

七夕を過ぎ、色々な願いごとが書かれた色とりどりの短冊が園内に飾られています。子どもたちの関心やなに?なぜ?といった気持ちと探求心、そして情緒を育むことの大切さを考え、今時期でしたら七夕のつどいといった、少し特別な時間を作り、加えて日々の生活を通して季節感を感じられる過ごし方を大切にしてきました。そしてここ数年の間に強く思うようになったことがあります。タイトルにも書きましたが、心の中にある原風景。それは懐かしく、そしてあたたかい記憶です。そんな心の原風景が、これから子どもたちが成長し社会とのかかわりを深めていく中で、大きな力になるのだという確信です。絶望ではなく希望、疑いではなく信頼、そして、人としての理想を持つことは、そういった心の原風景が無ければ難しいものです。私たち緑が丘学園は、現実社会に適した取り組みも丁寧に、そして慎重に取り入れながら、子どもたちにとって何より大切な時期を緑が丘学園で過ごすことで、懐かしくてあたたかい心の原風景を沢山増やしてもらいたいと願っています。

6月は、紫陽花とカタツムリさんの可愛い様子が表現されていたのですが、気が付いたら7月バージョンに代わっており、こちらへの掲載が出来ませんでした。すみません。

それでは気を取り直して、7月の階段踊り場の風景「京王幼稚園」をご覧ください。